2013年を振り返って

さて、2013年もあと数日で幕を閉じようとしてます。
皆さんにとって今年はどんな年でしたでしょうか?

国内での大きなNewsを思い出してみると...

2020年の夏期オリンピック、パラリンピックの開催地が東京に決まりました。
富士山が世界遺産に登録されましたネ...
第23回参院選で『ねじれ』が取り敢えず解消しました。
楽天が日本一となり震災被災地の方々を勇気付けました。
長島茂雄、松井秀喜に国民栄誉賞が贈られました。
今年は、異常気象なのか台風が非常に多かったようですが、台風26号により伊豆大島で大規模な土石流が発生し多くの方々が犠牲になりました。
三浦雄一郎さん80歳がエベレスト登頂に成功しました。
阿部首相はTPP交渉参加を表明しました。
1997年4月に橋本内閣が3%から5%とした消費税が17年振りに現行5%から8%になります。
ホテルレストランで食品偽装が明るみになりました。
この夏、高知県四万十川で史上最高41℃となりました。

など、まだまだ沢山ありますが 私が気になったのは国内のみならず世界各地で異常気象による自然災害が多かったように思います。
地球温暖化と言われて久しいですが、原因のCO2を削減するにはどうすれば良いのか一人一人考える必要があるようです。

さて今年の当院においてのトピックですが、インプラント埋入において少しでも安心安全にまたオペ後の疼痛軽減にガイデッドサージェリーをかなりの頻度で採用しました。
ガイデッドサージェリーとは、歯が無くなった欠損部に対してインプラントを埋入する計画を立てた際
欠損部に並ぶべき歯を模倣した『ラジオグラフィックガイド』というものを作成し、それを装着してCT撮像と
また『ラジオグラフィックガイド』単体でのCT撮像を行う(ダブルスキャンという)事でシュミレーションソフトの中で正確な埋入方向や深さを知る事が出来ます。
更には、その情報データをスゥエーデンにWebで送付すると約10日程で『サージカルテンプレート』というものが送られて来ます。

guided_img_01-thumbnail2 nobelguid_img_24-thumbnail2

それを口腔内に装着しインプラントを埋入します。
サージカルテンプレートを使用する事で最小限の歯肉切開、直径4mmのインプラントであれば4mmのみの切開でOKです。
またサージカルテンプレートは埋入方向を導いてくれるリングが付与されていますので、予定通りの方向にインプラントを埋入する事が可能となります。

guided_img_02-thumbnail2

全てのケースに適用出来る訳ではありませんが、今後は主流となると思います。

親知らずを除けば上顎14本、下顎14本 合計28本の永久歯が生えています。
一本でも悪くなったまま放置しておく事で、対合歯(相手の歯)隣在歯(隣の歯)更には、口腔内がギクシャクしてしまいます。
『何でここが痛いのにあっちもこっちもいじらなければいけないの?』って思われた事はありませんか?
悪くなったまま放置された一本の歯が原因となって口腔内に様々な変化が起きる事を知って頂き、早期の治療をされる事をお勧め致します。
目先の事では無く、長期に亘って快適に咬めるにはどうして行けば良いのかを一緒に考えて行きましょう!!

今年『口腔インプラント学会』『顎顔面インプラント学会』『バイオインテグレーション学会研修会』などに参加して思う事は、どの学会もKey Wordは『安心安全』『確実なインプラント治療』でした。dscf2565-thumbnail2 e38390e382a4e382aaefbc91-thumbnail2

当院も益々『安心安全』を追求して行きたいと思います。
また、学会では上部構造(被せもの)についても多々論議されました。
割れたり欠けたりするのは、患者さんにとっては非常に不愉快な事に間違いはありませんが、割れたり欠けたりする事で下部構造(歯やインプラント)を守っているとも言えますので、非常に難しい問題です。

お一人お一人の咬む力は違いますし、また歯ぎしりといった悪習癖もあります。
また現在の咬み合わせ(出っ歯だったり、ガタガタだったり)も影響致します。
今後は個々の状況に応じた上部構造(マテリアル)の選択を考えて行く必要がありそうです。
天然歯に勝るものは無いですが、虫歯や欠損に至る理由の大半が咬み合わせに起因していると言っても過言ではありません。
出来る事なら、大事に至る前に咬み合わせを治しておく事は大切かと思います。

来年も微力ながら皆様の健康のお手伝いが出来ればと思っております。
宜しくお願い致します。
年末年始のお休みですが、誠に勝手ながら12/29~1/5とさせて頂きます。
良い年を御迎え下さい。ex17_img01-thumbnail2 ex17_img02-thumbnail2

PAGE TOP