Resin 研修会

本日から8月 何だか今年の夏は長いデス.....

先月の最終日曜日に東京医科歯科大学歯学部へ『ここまで進化したレジン臨床    目からウロコが落ちるお薦めのテクニック』を受講、研修して参りました。レジンとは虫歯を除去した後や歯が欠けちゃった箇所に詰める樹脂のことで、皆さんも一度くらいは経験があるのでは??

DSCF3267 スクリーンショット 2018-08-01 10.08.28

講師は、富士谷先生 知識が豊富で聞くこと全てが新鮮で聞き逃さ無いようにするのが精一杯!! 朝9:00〜17:00があっという間の一日でした。当然ですが 30数年前私が歯科医師として働き始めた頃のコンポジットレジンとは雲泥の差.....  フィラーといって母体材料にはない機能や性質、物性を付与するものがナノサイズとなり性状が非常に良くなったこと、また接着分野においてはシランカップリングの技術の向上だったりモノマーの改良だったり.....そしてなんと言ってもインジェクタブルレジンの登場です!! 従来のフロアブルレジンの単なる発展系というよりペーストレジンの物性とフロアブルレジンの操作性を継承し更に発展したものと言えるでしょう!! 本セミナーのなかで色々と試してみたのですが、フッ素徐放性のものや とにかくツヤの良いもの テクスチャーの優れたものなど 本当に沢山の種類があり 操作性においては、硬さに様々な工夫がありflowの良いものからほとんどflowしないものまで 日々の臨床において色々とチョイスしながらFillingしなくてはいけません。 保険で出来るものも勿論ありますが、少し自費のエッセンスを入れた方がより一層良い結果が得られると思います。今の時代 メタル(銀歯)を詰めるのは、適合の甘さやアレルギーの観点からも推奨出来るものではありません。ご自身のお口の健康を目指すにはメタルフリーといえるでしょう!!  

DSCF3268

当院は今月も木曜、日祝のお休み(休診)となり お盆休み等はありませんので 何か気になる事がありましたらお気軽にご予約下さい。

PAGE TOP